前向きな姿勢が大切

どんな仕事においてもミスや間違いは起こります。それはちょっとした勘違いや聞き間違い、あるいは手順の誤りで起きることもあれば本来取るべき手順を省略したことが原因で発生することもあります。人間である以上、注意が逸れたりうっかりして失敗してしまうことも避けられません。内容によるとも思いますが、普通は何度もミスを繰り返さない限り一度や二度のミスをした程度でただちにそれが「悪い人」だと判断されることはないでしょう。

しかし、看護師はその仕事の性質上、ミスや間違いに対しては通常の仕事よりもずっと注意しなくてはなりません。先に出てきた看護師についての意見でも「仕事にミスや失敗が多い」「決められたルールを守らない」といった項目があったことからも分かる通り、患者は看護師のミスには過敏に反応します。看護師としてはよくある、ほんのちょっとした間違いであっても患者から見れば自分の命にも関わることなのでとても重大です。たまたまやってしまった小さな失敗だとしても一度表立ってしまえばたちまち「悪い看護師」というレッテルを張られかねません。そういった意味で日頃からミスや失敗をなくすことは看護師の務めでもあります。

また、危うく事故になるところだった、一瞬ヒヤリとする経験をしたというヒヤリハットを共有し、今後に活かすことも大変大切です。例えば、車の運転でも「事故にはならなかったけど危なかった」と思うような経験をすることがあります。その時に「ラッキーだった」で済ませてしまう人と「こういう場合には気をつけよう」「この道は危ないからなるべく通らないようにしよう」などと考える人ではその後に違いが出てきます。さらに、自分だけがそれを気をつけるのではなく、家族や周りの人にもそのことを伝えることで全体的な事故を減らすことができます。

同じように、医療の現場でも医療事故を防ぐためには個人個人で気をつけるだけでなく、情報の共有が大切です。どういう所に危険が潜んでいるのか、どういう時に間違いが起こりやすいのかを知っておけばその後のトラブルを防ぐことにつながります。
人にとって自分のミスを認めるのはなかなか大変なことです。もしそれが自分の評価につながるともなれば尚更ミスは認めたくないものです。しかし、人間には失敗がつきものです。一度ミスをしたからといって決して駄目ではありません。むしろそこからどう学んでいくかが大事なのです。小さな失敗をしたとしてもそれを教訓にして大失敗をしないようにすれば失敗した意味があったとも言えます。最初からミスをしないことは大切ですがそこから学んでいく前向きな姿勢を持つこともまた大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です